サイバーシェイプを表ソフトで使用したレビュー【表ソフトで全国出場者が解説】

今回は2021年12月にSTIGAから発売されたラケット、

サイバーシェイプカーボン』の紹介をしていきます。

サイト管理人の藤井は、シェークのバックに表ソフトを使用しているため、

この記事では、表ソフトで使用したレビューを中心に書いております。

 

 

藤井
表ソフトや異質のレビューが少なそうなので役に立つと思いますよ!

 

 

商品スペック

 

価格 税抜き 28000円

グリップ種類 フレア、ストレート、中国式ペン

合板構成 木材5枚+カーボン2枚(インナー)

平均重量 85g±5g

 

サイバーシェイプは卓球メーカーのSTIGAから発売された六角形のラケットです。

2021年の世界卓球でスウェーデンのモーレゴード選手が使用し、話題になりました。

 

藤井
しかも格上選手を何人も撃破して準優勝しております!

 

スウェーデン代表:トルルス・モーレゴード選手

【卓球王国】様より

 

発売前の評判では、

  • スイートスポットが広い
  • 打球面積が大きい
  • 台上がやりやすそう

という声が多かったそうです。

実際使ってみた感想は、

ラリーのミスが少なくなる!

というのが一番印象的でした。

藤井
下記で詳しく使用レビューをしていきます!

今回使用したラバー

フォア:テナジー64(タマス)

バック:スペクトルS1(ビクタス)

 

サイバーシェイプカーボンの使用レビュー

まずは気になるミート打ち・・・

表ユーザーが一番気になるのは、

『ミートがやりやすいのか』

ということではないでしょうか?

結論から言うと、かなりやりやすいです。

これはサイバーシェイプの六角形が影響しているというよりも、

ラケット自体の性能としてミートがやりやすいのではないかと思います。

僕自身このサイバーシェイプを使う前はクリッパーウッドを愛用しておりましたが、

STIGAのラケットは本当に弾く感覚が非常に良いんだなぁと感じました。

藤井
ミート打ちした瞬間、さすがSTIGAのラケット!と思いました。

 

スイートスポットが広いからミスが少ない

出展元:スティガ公式

一番印象的なのが何かと言われると僕の場合は、

スイートスポットの広さ』と答えます。

言葉で表すのが非常に難しいのですが、

打った時に『しっかりと芯をとらえた感覚』がほぼ毎回ある

と感じました。

大まかに言うと、

今までだとラケットの当たり所が悪ければミスになっていた打球も、

サイバーシェイプカーボンの場合はミスになりにくい

ということです。

藤井
逆をつかれて、とっさに対応した球もミスる確率が低いです!

 

表ソフトを使っている人で共感してくれると嬉しいのですが、

表ソフトは裏ソフトと違って、ちゃんと弾けてないと滑ってしまい、

良いボールをが出ない、もしくはミスに繋がります。

ですが、サイバーシェイプカーボンはスイートスポットが広いので、

ちゃんと弾けていなくても、それなりに良い打球感で台に入ってくれる感覚がありました。

 

すごく弾む

僕はバックに1.6mm(厚さ=中)の表ソフトを使用していますが、

まったく気にならないくらい弾みます。

藤井
頑張らなくても、かなり良い球が出ます。

逆に浅く返球したいときは、かなりゆるく打たないと、

勝手に良い球がいってしまうので、緩急をつけるのは練習が必要になります。

弾みに関しても、おそらく六角形というよりもラケットの性能かと思われます。

(カーボンが入っているというのもありますが)

 

振り抜きがGOOD!

六角形の特徴として、

空気抵抗が少ないのでスイングが軽く感じる

という前評判がありました。

これはまったくその通りで、意識しなくてもヘッドが勝手に回るような感じがしました。

藤井
ヘッドが回る=質の良い球になりやすいです。

チームメイトにも使ってもらいましたが、みんな振りやすいという印象を持ってました。

表ソフト使用者でフォロースルーにラケットヘッドを回す人には合うかと思います。

 

サーブ・レシーブの振り抜きも良い

フォア・バックだけではなく、サーブとレシーブのときにも

振り抜きの良さが光りました。

特に表ソフトを使っている人は、

思い切ったスイングでロングサーブを出すことも多いのではないでしょうか?

レシーブに関しては、思い切ってツッツキをする際に、

かなり切れりやすい印象でした。

 

結論:全体的にラリーで使いやすいラケット

サイバーシェイプカーボンを使ってみて、

  • ミートしやすい
  • ミスが減る(スイートスポット広い)
  • すごく弾む
  • 振り抜きが良い

と感じました。

特に印象的なのはスイートスポットの広さでした。

僕自身、ラリー系が苦手で台上プレーで勝負することが多いのですが、

ラリーのミスが減ってとても嬉しいです。

当サイトでは卓球と、卓球向けの筋トレについて情報発信しています。
筋トレ方法だけではなく、プロテインや体のケアについても解説していますので、
興味がありましたら是非参考にしてみて下さい。
おすすめ記事

中陣のバックハンドって憧れる! 下がった時にバックで巻き返したい 筋トレでバックの強化ってできるの? ※この記事はシェークまたは中国式ペンのバックに裏ソフトラバーを張っている人を対象に書いております。 […]

 
おすすめ記事

僕も筋肉を付けるためにプロテインを飲むぞ! でも種類が多くて、どれにすればいいんだ? プロテインは色々な種類の物が売られているので、自分はどれを買えばいいのか迷ってしま[…]

 
おすすめ記事

練習前に丸い筒を体に当てて転がしてる人がいるけど・・・ 藤井 フォームローラーだね!体をほぐすための物だよ! 卓球の大会会場や練習前に丸い筒を体の下にしてゴロゴロと転[…]

 

フィジカル卓球
最新情報をチェックしよう!